代表的な種類の紹介|うつについて理解を深めましょう|周囲のサポートも重要
女性

代表的な種類の紹介

カウンセリング

一言でうつと言っても実は色んな種類があります。その中でも代表的なうつについて理解を深めましょう。生活環境や仕事、人間関係などの日常的場面のストレスが原因で起こる種類を大うつ病と言います。最近では大うつ病障害とも言われています。気分が落ち込みがちになり、幸福感を感じにくくなる抑うつ症状や、意欲や関心、自尊心が低くなる精神的な症状などが現れます。また、身体がだるくなったり不眠になったりなどの身体的症状も起こるとされており、最も発症率が高い種類です。続いて双極性うつ病ですが、以前までは躁うつ症と言われていました。躁うつと抑うつの2つの状態が現れるのが特徴的です。躁うつ状態のときは元気な姿ですが、抑うつのときは大うつと同じような状態になります。躁うつのときに医療機関へ行くと双極性うつと判断されづらいため、適切な治療を受けるのが難しいと言われています。ですから、治療を受けるならできるだけ抑うつ状態のときに医療機関へ行った方が良いかもしれません。

慢性的にうつの症状が現れるのは、気分変調性障害の可能性が高いです。このタイプは思春期のときに発症しやすいです。思春期の頃は気分が変わりやすいからという理由で放置されることが多いですが、実は慢性的なうつの可能性が高いのです。悲観的な状態が続いている場合は一度医療機関へ行き診察を受けた方が良いでしょう。最後に非定型うつ病ですが、こちらは20~30代の比較的若い女性が多いです。好きなことには関心がありますが、憂うつな出来事が原因で気分が一気に下がってしまいます。そして、睡眠ですが寝ても寝たりず過眠をしてしまいます。人によっては1日10時間以上も寝る人もいるのです。このような状態を改善するためには、リズム正しい生活を送ることを心がけることが重要です。日光を浴びたり運動をしたりなど健康的な生活を行なうことで、症状を緩和させられます。このように色んなうつ病があり、それぞれ症状が多少異なります。少しでも当てはまる項目がある場合は、適切な治療を受けましょう。