理解することが肝心|うつについて理解を深めましょう|周囲のサポートも重要
女性

理解することが肝心

医者

うつを治療する上で大切なことがあります。それは、自分自身がうつに対してしっかりと理解をすることです。医療機関へ行ったときにうつと診断されると、ショックで落ち込んでしまいますが、うつは治る病気です。そのことについて理解しなるべくプラスに物事を考えるようにしましょう。
続いて周囲の人に理解してもらうこともポイントです。本人がうつに対して理解し対応しているにも関わらず、周囲の人が理解できていないとマイナス思考に逆戻りしてしまうかもしれないのです。ですから、本人だけでなく周囲の人にも正しい知識や接し方を理解してもらうことも必要です。とくに一番長く付き添ってもらう家族には、正しい対応をしてもらわなければ悪化してしまうかもしれません。ですから、一緒に病院へ付き添ってもらい医師の説明を受けてもらいましょう。

職場の上司に理解してもらうことも忘れないでください。うつを治すためにはしばらくの間休息をしなければなりません。うつ本人からすると仕事を休んで皆に迷惑をかけることをストレスに感じてしまいます。しかし、上司がしっかりと理解してあげることで安心して休息することができます。
最近では従業員の人数が多いところは、1年に1回のストレスチェックが義務づけられています。従業員のストレス度を調査することで、他にもうつの人を早期発見できるかもしれません。また、ストレスが高いことが分かり産業医のカウンセリングを受けることで、初期段階で対処できるでしょう。

本人がうつを治そうと努力をしているとしても、周囲の人が理解していなければ一向に症状は回復しません。うつを治すためには周囲の人もサポートしてあげなければならないので、自分の現状をちゃんと伝えておきましょう。最初は勇気のいることかもしれませんが、理解してもらうためには対策する必要があるのです。