うつは誰もがなる可能性のある病気です

心のエネルギーを失う

看護師

2週間以上落ち込むことが多くなった、なにもやる気が起こらないというような症状がある方はうつの可能性があります。うつになってしまうと心のエネルギーが不足してしまい、心身ともに不安定になってしまうのです。この状態が続いてしまうと仕事に行きたくない、誰にも会いたくないと塞ぎこみやすくなってしまうため、早期に症状に気づき専門の医療機関で治療を受けなければなりません。現在は理解が深まっているうつですが、以前までは甘えと言われていました。そのため、周囲の人に理解してもらえず誰にも相談できずに自殺へと追い込まれる人も多かったのです。今でも日本ではたくさんの方がうつが原因で自殺しています。自分も追い込まれないように理解を深めまた、周囲の信頼できる人に相談とサポートをしてもらうようにしましょう。
あまり相談できる人がいない場合は、無料相談窓口を利用してみるのも良いでしょう。専門スタッフが電話口で親身に話を聞いてくれます。顔を知られずに心の中に溜め込んでいることを聞いてもらえるのです。もしも、電話で話しづらい場合はメールでの相談も可能です。メールだと落ち着いた状態でゆっくりと内容を送信できるため、緊張を解せます。こういった無料相談窓口は顔を見られずに相談できますから、人見知りの人や緊張する方にとって便利なサービスです。

とくに真面目な人はうつになりやすいとされています。周囲から期待されているとそれに応えようとして頑張りすぎてしまい、心と身体がついていかなくなってしまうのです。最初の頃は頑張りすぎても充実感や満足感を味わうことができます。しかし、次第にバランスをとれなくなってしまいうつを発症してしまうのです。ですから、真面目すぎる性格の方や完璧主義者はうつになりやすいのです。うつを発症しないためにも少しくらい肩の力を抜いてリラックスしましょう。それが難しければストレス発散をしてみるのもありです。カラオケへ行って思い切り歌ったり、ゆっくりと自分の時間を過ごしたりするだけでもスッキリします。ストレスを溜めないことがうつを予防する秘訣になります。

セロトニンを増やそう

女医

幸福感を味わいセロトニンを増やすことで、ストレスを減らすことができうつを予防できます。しかし、ネガティブ思考だとセロトニンが分泌されないので、ポジティブに考えることが肝です。

Read More

代表的な種類の紹介

カウンセリング

大うつ病や双極性うつ病、気分変調性障害や非定型うつ病など色んな種類があり、種類によって症状が違います。どの症状も適切な治療を受ければ改善するので医療機関へ行きましょう。

Read More

うつ状態は緩和できる

女の人

うつ状態のときにやってはいけないことと、積極的に取り入れた方が良い方法があります。これらのことを守ると軽症のうちにうつを治すことができるかもしれません。自分に合った方法をどんどん取り入れてみましょう。

Read More

検査と治療方法

レディー

精神科や心療内科で治療を受ける際は、最初に検査から行ないます。血流の流れなどを調べたあとに磁気刺激治療法や投薬といった治療を開始するのです。磁気刺激治療法は副作用のリスクが少ないため安全です。

Read More

理解することが肝心

医者

周囲の人のサポートがあってこそ、うつは治療することができます。理解をしてもらうことでうつ患者は安心して治療に取り組むことが可能です。家族や職場の理解が深まれば安心です。

Read More